指圧賛歌(三石勝五郎作詩        女子部

 1.開けば天地の華かおり

 握れば神秘のかぎかくす

 流れ流れて先祖の血

 我が手に通う尊さよ


2.五本の指はつながりて
 一つ心に脈うてば
 今日の息吹のあらたかさ
 五体調和の応えあり

3.沢山咸は易の道
 その拇に感ず拇に感ず
 指圧の心 母ごころ
 おせば生命の泉わく

4.日月あいおり時は往く
 陰陽あい和し雲晴るる
 我を忘れて押す指に

 ひびくは奇しき力ぞや